顔汗を止める方法@今オススメの商品はこれ!

53顔汗でお悩みのあなたへ。

このサイトでは顔汗をかいてしまうしまうメカニズムと原因、
さらには顔汗を止める効果があると評判の人気の顔汗対策グッズも紹介します。

ぜひあなたの顔汗対策の参考にしてみてください。

顔汗を止める方法@今オススメの商品はこれ!

サラフェ

01顔汗のお悩みに答える商品が、顔汗対策化粧品・薬用ジェルのサラフェです。
使い方は簡単、朝下地としてお顔に塗るだけ。更にお化粧直しのときには、メイクの上からそのまま塗れるのもオススメポイント。

 

顔汗の出にくさを実感

ƒvƒŠƒ“ƒg私はかなりの汗っかきですが、一番ひどいのが顔汗でした。
それが、サラフェを塗るようにした途端、顔汗を止めることができ、化粧落ち等がなくなりました。
おでこを触ると、うっすら汗がつくこともありますが、以前のようにダラダラと流れる感じではないので、使って良かったなと思っています。
また、サラフェを使い始めてから臭いにくくなったのも嬉しいです。

顔汗を止めるのに最適

ƒvƒŠƒ“ƒgちょっと高いなと思いましたが、効果のない安物よりマシだと思いきって購入しました。
営業職なので、テカりが気になっていつも手鏡を覗く日々でしたが、サラフェを塗るようになってからほぼテカらなくなり、今では夕方まで手鏡チェックなしでいられています。
忙しいので、朝塗るだけですが、効果の持続性もバッチリです。
クリームの伸びもいいので、化粧が浮かない点も気に入っています。

サラフェを使用したら、Tゾーンと鼻の下のテカリを止めることができました。

ƒvƒŠƒ“ƒg私は汗っかきで、朝きちんとメイクをして出かけても、直ぐに汗で化粧が崩れてしまいます。
特にTゾーンと鼻の下が酷く、何とかしたいと思いサラフェを購入しました。洗顔後化粧水と美容液を使用した後に、サラフェを顔全体に馴染ませました。
とても伸びが良いジェル状のテクスチャーで、ベタベタしないのが良いですね。おかげ様で酷かった顔のテカリを止める事が出来、化粧直しの回数がグンと減ったので、大変喜んでいます。

サラフェで自信が持てるようになりました

ƒvƒŠƒ“ƒg朝ばっちりメイクしても顔汗のせいで日中何度もメイク直しをしなくてはならず、そんな自分のことが嫌いでした。サラフェと出会ってから朝のメイクの際に塗るだけでメイク直しの回数が格段に減って助かっています。周囲の人といつも比較し汗っかきな自分にネガティブになっていたあの頃が嘘のよう。今では自分に少し自信も持てるようになりました。

期待以上の効果に驚きです

ƒvƒŠƒ“ƒg更年期ののためか、ここ数年顔汗が凄いです。
特に満員電車の中では冬場でも汗がしたたり落ちてきます。タオルハンカチでぬぐっていると、タオルハンカチが湿気ってしまうほどです。まわりの視線が気になりとても辛かったです。そんな時、インターネット広告でサラフェの広告を目にしました。ジェルを塗るだけのケアで顔汗を止めることができるとは思えませんでしたが、9割以上の高評価だったので試してみました。もう手放せません。

汗が減り、日々の生活が楽に

ƒvƒŠƒ“ƒg汗の出やすい体質に悩まされており、藁にもすがる思いで購入しました。使い始めてから、一週間ほど経った頃に効果が表れました。完全に汗を止めるとまではいかなくても、流れ落ちる事がなくなったのです。運動をしても、日差しの下を出歩いても、汗を流さずに済むようになったのでした。鏡を見ても汗が目立たず、とても満足しています!

簡単にできる!顔汗を止める7つの方法

顔汗を止める方法その1.首回りを冷やす

肌顔に汗をかくと化粧が崩れたり、化粧自体やりにくくなってしまったり、不衛生な印象をもたれてしまいます。夏や体を動かして体が熱くなり顔いっぱいに汗をかいているという状態になったらまずは「首回りを冷やす」という方法をオススメします。

小さ目な保冷剤や濡らした、または凍らせたタオルなどで首周り、特に後ろの部分を集中的に冷やしてください。
この方法で手軽に顔汗を止めることが出来ます。なぜ身体の中でも首回りを集中的に冷やすのかというと、首の周りにある太い血管である頸動脈やリンパ腺を冷やしてあげると血液の温度も下がり、同時に体温を下げることが出来きるのです。

体温が下がれば顔から出ていた汗も自然と収まってきます。しかし、保冷剤を持ち歩く、いつでも冷えたタオルを手に入れるのは難しいので、そういった場合は冷えたペットボトルで代用しましょう。コンビニなどですぐに手に入れられますし、使い終われば捨てられるので荷物にもなりません。出先で顔汗が気になった時にはとても便利なアイテムです。顔汗が出る前からペットボトルなどでこまめに首回りを冷やしていると体感温度が下がるので顔汗を止めることが出来ます。

顔汗を止める方法その2.顔の汗をこまめに拭く

57女性にとってはメイク崩れの原因になってしまう顔汗という問題は対処法が様々ありますが一番簡単なのは「汗の汗をこまめに拭く」という方法です。しかし、正しい方法で汗を拭かないと意味がない、さらに汗が出てしまいます。

まずは「汗をとりすぎない」というポイント。汗はもともと上がりすぎてしまった体温を下げるために発汗される機能なので、体温が下がらない状態のまますべて拭き取ってしまうといつまでも汗が出てきてしまうのです。汗はすべて拭こうとせず優しく抑える程度にして汗の働きを残した状態にする必要があります。残した汗がきちんと機能して体温が下がると自然に発汗も収まります。沢山出ているときには拭き取る量も多くなりますが、そのようなときの拭き方も強くやりすぎると敏感な皮膚を傷つけてしまいますので注意してください。

また、気になる汗の臭いを抑えるためには顔汗を拭き取るタオルを湿らせて使います。においの成分は水溶性なので湿ったタオルが汗も臭いもいっしょに吸収してくれるのです。

たっぷりの汗を拭き取るときにも、優しく拭き取るときにも清潔なタオルをしようするのはとても大事なので念頭においてください。

顔汗を止める方法その3. 制汗剤を使う

08汗をかくと制汗剤を体に吹きかけて対処する方法は一般的です。基本的に身体につかうイメージの強い制汗剤ですが顔汗を止めるためにも使用できます。そこで「制汗剤を使う顔汗対策」についてまとめました。

顔は刺激に敏感ですので一般的に使われている脇などの体に使う制汗剤であれば精製水などで薄めてから使用するのをオススメします。出来ればそういったボディ用の制汗剤は避け、顔用に刺激の少ない成分で作られている製品もオススメです。汗を抑えながらも女性向けにメイクの下地として使えて、気になるべたつきが少なくなるように改善された顔汗専用の制汗剤が販売されています。汗を抑えるだけではなく、皮膚のケアを考えるとこういった顔専用の製品が効果的でしょう。しかし、制汗剤使用は必要以上にならないよう意識してください。制汗剤を長時間使用していると汗腺がふさがれたままになってしまい悪影響ですので外に出なくなったら洗い流してきれいに拭き取りましょう。

汗をかいた後に使うタイプ、汗が出る前の予防に使えるタイプ、拭き取るタイプの物、クリームタイプ、と種類や使い方も幅広いので使いやすいタイプの製品を探してみてください。

顔汗を止める方法その4. つぼを押す

顔に直接塗ったり触ったりするのが嫌な人は「ツボを押す顔汗対策」をしましょう。汗は体内から出てくるものなのでツボへの刺激による影響で身体の中を変える事で顔汗を止めることが見込めます。また、予防だけではなく汗が出てしまった後もツボを刺激するしてあげると発汗量を減らす事が出来ます。

まずは「こけい」と呼ばれる手のツボから。手を握ってこぶしを作った状態で小指の付け根あたりのシワを伸ばしたところにあるツボです。
次は同じく手のツボである「いんげき」と呼ばれるものです。手を開いた状態で手首の小指側少し下にある部分になります。
そして上半身にあるツボでオススメなのは乳首から少し上にある「おくえい」。
そして脇からまっすぐ下に降りたところにある「だいほう」というツボが代表的な顔汗を止めることができるツボです。片手が使えないときには反対側の手や長めの道具を使って刺激するようにしてください。中でも胸にある「おくえい」は即効性があると言われているので顔汗が気になるときは服の上からでもいいので押してみてください。ゆっくり押したり、つまむように押したりとやり方は様々ですがツボの上でお灸をしてみても効果的でしょう。

顔汗を止める方法その5. ミョウバンを使う

12汗対策といえば有名なのは「ミョウバン水」。食品であるミョウバンは健康面でも安心ですし、様々な効果が期待できます。汗を抑える効果以外にも殺菌作用、消臭効果、美肌効果などがあると言われています。そこで「ミョウバンを使う顔汗対策」についてご紹介します。

汗にはミョウバンとはよく聞きますが、刺激が気になる顔にもミョウバン水をオススメします。前述したようにミョウバン自体はよく使われている食品なので顔にも安全に使用出来ますし、作り方も簡単なので手軽に作って使用出来ます。スーパーなどで簡単に手に入れられる生や焼ミョウバンを水に溶かして数日放置し、さらに水で薄める。たったこれだけで顔にも安全に使用できるミョウバン水が作れます。アトピーなど肌のトラブル対策に使用する人もいます。ただ、ミョウバンは安全といえども肌に合わない人もいますのでかなり薄めたものから使い始めて、自分にあうかどうか判断するといいでしょう。顔汗の気になる汗のにおいも打ち消してくれる成分が入っているので汗臭さ対策にもなります。

身体も顔も場所を問わず使用できるのがミョウバン水の大きな利点といえます。

顔汗を止める方法6. 漢方薬を使う

10顔汗が出る原因としては肥満、ホルモンバランスの乱れ、緊張など身体的、精神的な様々な要因があります。そういった原因を把握し、適切な漢方薬を使用することで顔汗止めることができる可能性は十分にあります。そこで「漢方薬を使う顔汗対策」についてまとめました。

漢方薬は体内から様々な効果を発揮し、長期にわたって使用し続けることで問題を根本から改善していきます。即効性があるというわけではありませんが専門家に調合してもらい、自然の薬草を使用しているので副作用が少ないという点も利点です。

緊張的なストレスが原因の場合には「柴胡加竜骨牡蛎湯」「柴胡桂枝乾姜湯」といったものが効果的といわれています。緊張を和らげ、精神を落ち着かせる効果があります。肥満によって熱が溜まり体温が上がっている場合には「防已黄耆湯」「防風通聖散」、肥満の改善を助けてくれる漢方薬です。「黄連解毒湯」「茵陳蒿湯」は普段の食生活で刺激の強いものや脂質の多いものを食べすぎて汗をかきやすくなっている人向けの漢方薬で胃腸を整える働きがあります。

このように原因に合わせて適切な漢方をしようすることでゆっくりですが根本から解決につなげることができます。

顔汗を止める方法その7. 食事を見直す

顔汗に悩んでいる人は食生活に原因がある場合があります。たとえば、汗腺への刺激の強い香辛料やカフェイン、熱が溜まる肥満の原因である脂質などをとりすぎていると汗をかきやすい体質になってしまいます。このようなものを多く摂取する食生活で汗かき体質になる事は顔汗にもつながるのです。そこで「食事を見直す顔汗対策」について紹介します。

まずは大豆製品。納豆、豆腐、しょうゆなど日本の食品には多く使われている大豆。多く含まれているイソフラボンは悪い汗を減らしたり、発汗作用を整える作用があります。また、女性ホルモンと近い働きをするので精神的な原因から顔汗が出る場合にはその原因を落ち着かせてくれる効果も期待できます。また、体温が上がると自然と顔汗の量も増えるので体温を下げるのも大切です。きゅうりやトマトといった夏野菜は身体を冷やす効果がありますので顔汗が気になる時には積極的に食べるようにしてください。

こういった食品をメイン摂っていけば健康的に顔汗を止める事ができるでしょう。これらの食品ばかりをとりすぎて栄養が偏りすぎるとそれも原因の一つになってしまうのでバランスには気を付けて摂取するようにしてください。

顔汗の間違った対策方法

最後に顔汗を止める方法として間違った対策方法を紹介します。
間違ったケアをしていては、顔汗は止めることが出来ないばかりか、余計悪化させてしまう危険性さえあります。ぜひ、参考にしてみてください。

間違ったケア方法1:脂取り紙を使う

顔汗が止めるためによく「脂取り紙」を使われる方がいますが、使い過ぎは顔汗を酷くする可能性があります。
脂取り紙によって顔を何回もこすってしまうと肌を傷め、毛穴が開きやすくなってしまいます。
また必要な皮脂まで取ってしまうと、顔は油分が足りないと判断するので、もっと汗や皮脂を出してしまうのです。
顔には常在菌といって、皮脂のバランスを整えてくれる菌がいるので、あまりゴシゴシとこすり過ぎるとその常在菌が働くなくなり、脂汗が過剰に出てしまう恐れがあります。

間違ったケア方法2:体を冷やす

また、顔汗を止めるために薄着をしたり、温かい飲み物を飲まないというのもあまり良くありません。
足首や手首、首周りを冷やすようなファッションばかりしていると、体が冷やされ、代謝が悪くなり、脂肪分を蓄えようとするので、太りやすくなって結果的に汗が増えてしまいます。
温かい飲み物に比べて冷たい飲み物はガブガブとたくさん飲んでしまいがちなので、余分な水分を出そうと顔汗が増えてしまう可能性があります。

冷たい飲み物は一瞬だけ涼しいような感覚がありますが、体が冷やされてしまうと、逆に温めようとする働きをするので、汗が出やすくなる場合があります。

顔汗に関するみんなの体験談&口コミ

顔汗を止めるために知っていると得する方法

30代女性 会社員
ƒvƒŠƒ“ƒg顔に多くの汗をかくのは、人から見られて嫌なものです。
私の職場にも出勤してきただけで、顔に汗をだらだらとかいている男性と女性がいます。

そんな状態に対して、男性はタオルで汗を拭き、また女性は朝からお化粧崩れを気にしているみたいです。
私は顔に汗をかかない方ですが、お昼どきにお顔の油分を軽く拭き取る程度でよいのです。
顔汗を止めるためには、身体のある部分を押さえるのがよいのです。

両腕の付け根を少しきつめに縛ってあげると、お顔の汗を止める事ができます。
これは反射発汗と言われるものです。
人のカラダは、圧迫した部位の汗が止まるようにできているのです。

皮膚を圧迫することで、その圧迫した面の汗は抑えられます。
圧迫した側の汗は、少なくなりますが、反対側の汗は増えるのです。
反対側とは、上半身ですと下半身には汗をかくことになります。

つまり、カラダにかく汗の量は変わらないものです。
両腕の付け根を少しきつめに縛るとよいため、お仕事にその方法を取り入れている場合があります。

京都の舞妓さんがたも、顔汗を止めるために、帯を高めに締めることを心掛けているのです。
帯を高めに縛ることで、両腕の付け根をきつめに縛ることになるのです。

顔汗をかかないために、両腕の付け根を意識したいものですね・・・。